Global QuickSearch:   Number of matching entries: 0

Search Settings

    引用キー 著者 / 編集者 / 主催者 タイトル 出版年 論文誌 / 会議録 / 書籍 文献タイプ キーワード
    ベルジュ76 ベルジュ, C. グラフの理論1,2,3 (翻訳)伊理正夫 他 1976   book サイクロマチック複雑度、グラフ理論
    BibTeX:
    @book{ベルジュ76,
      author = {C. ベルジュ},
      title = {グラフの理論1,2,3 (翻訳)伊理正夫 他},
      publisher = {サイエンス社},
      year = {1976},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>
    Beizer02 Beizer, B. What's the difference between load and stress testing 2002 comp.software.testing   misc 用語(負荷テスト)
    BibTeX:
    @misc{Beizer02,
      author = {B. Beizer},
      title = {What's the difference between load and stress testing},
      journal = {comp.software.testing},
      year = {2002},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>},
      url = {http://www.faqs.org/faqs/software-eng/testing-faq/section-15.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>
    Berge73 Berge, C. Graphs and Hypergraphs 1973   book サイクロマチック複雑度、グラフ理論
    BibTeX:
    @book{Berge73,
      author = {C. Berge},
      title = {Graphs and Hypergraphs},
      publisher = {North-Holland},
      year = {1973},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>
    Bernstein93 Bernstein, L. & Yuhas, C. Testing Network Management Software 1993 Journal of Network and System Management
    Vol. 1 (1) , pp. 5-15  
    article 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @article{Bernstein93,
      author = {L. Bernstein and C. Yuhas},
      title = {Testing Network Management Software},
      journal = {Journal of Network and System Management},
      year = {1993},
      volume = {1},
      number = {1},
      pages = {5-15},
      note = {【入手先】springerlink、【コメント等】BernsteinはAT&Tの人。T. Yoshidaの論文を参考文献にあげて The idea for robust software test design, also known as the Taguchi Method, started at Fujitsu in 1984.と書いている。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://www.springerlink.com/content/l860124157374l75/}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】springerlink、【コメント等】BernsteinはAT&Tの人。T. Yoshidaの論文を参考文献にあげて The idea for robust software test design, also known as the Taguchi Method, started at Fujitsu in 1984.と書いている。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Boehm79 Boehm, B.W. Guidelines for verifying and validating software requirements and design specifications 1979 EURO IFIP'79 , pp. 711-719   inproceedings V字モデル
    BibTeX:
    @inproceedings{Boehm79,
      author = {B. W. Boehm},
      title = {Guidelines for verifying and validating software requirements and design specifications},
      booktitle = {EURO IFIP'79},
      year = {1979},
      pages = {711-719},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】V-chartという表現あり(1977年のSDC社のMunsonとBoehmの間の私信が出典になっている) <<コラム8 前回の参考文献記事のフォロー>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】V-chartという表現あり(1977年のSDC社のMunsonとBoehmの間の私信が出典になっている) <<コラム8 前回の参考文献記事のフォロー>>
    Brownlie92 Brownlie, R.; Prowse, J. & Phadke, M.S. Robust testing of AT&T PMX/StarMAIL using OATS 1992 AT&T Technical Journal
    Vol. 71 (3) , pp. 41-47  
    article 直交表
    BibTeX:
    @article{Brownlie92,
      author = {R. Brownlie and J. Prowse and M. S. Phadke},
      title = {Robust testing of AT&T PMX/StarMAIL using OATS},
      journal = {AT&T Technical Journal},
      publisher = {AT&T},
      year = {1992},
      volume = {71},
      number = {3},
      pages = {41-47},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】OATS(Orthogonal Array Test System) <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】OATS(Orthogonal Array Test System) <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Elmendorf70 Elmendorf, W.R. Automated Design of Program Test Libraries 1970
    Vol. IBM Technical Report TR 00.2089  
    techreport 原因結果グラフ
    BibTeX:
    @techreport{Elmendorf70,
      author = {W. R. Elmendorf},
      title = {Automated Design of Program Test Libraries},
      publisher = {IBM},
      year = {1970},
      volume = {IBM Technical Report TR 00.2089},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://www.benderrbt.com/Automated%20Design%20of%20Program%20Test%20Libraries%20-%201970.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Gheorghiu05 Gheorghiu, G. Performance vs. load vs. stress testing 2005   article 用語(負荷テスト)
    BibTeX:
    @article{Gheorghiu05,
      author = {G. Gheorghiu},
      title = {Performance vs. load vs. stress testing},
      year = {2005},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>},
      url = {http://agiletesting.blogspot.com/2005/02/performance-vs-load-vs-stress-testing.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>
    Jensen79 Jensen, R.W. & Tonies, C.C. Software Engineering 1979   book V字モデル
    BibTeX:
    @book{Jensen79,
      author = {R. W. Jensen and C. C. Tonies},
      title = {Software Engineering},
      publisher = {Prentice-Hall},
      year = {1979}
    }
    					
    Leonhardt00 Leonhardt, D. John Tukey, 85, Statistician; Coined the Word 'Software' 2000 New York Times   article ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{Leonhardt00,
      author = {D. Leonhardt},
      title = {John Tukey, 85, Statistician; Coined the Word 'Software'},
      journal = {New York Times},
      publisher = {The New York Times},
      year = {2000},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】John Tukeyの死亡記事の中でsoftwareという言葉を1958年に造ったとの記述あり <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://www.nytimes.com/2000/07/28/us/john-tukey-85-statistician-coined-the-word-software.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】John Tukeyの死亡記事の中でsoftwareという言葉を1958年に造ったとの記述あり <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    Mandl85 Mandl, R. Orthogonal latin squares: An application of experiment design to compiler testing 1985 Communications of the ACM
    Vol. 28 (10) , pp. 1054-1058  
    article 直交表
    BibTeX:
    @article{Mandl85,
      author = {R. Mandl},
      title = {Orthogonal latin squares: An application of experiment design to compiler testing},
      journal = {Communications of the ACM},
      year = {1985},
      volume = {28},
      number = {10},
      pages = {1054-1058},
      note = {【入手先】ACM Digital Library、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://portal.acm.org/citation.cfm?id=4375}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】ACM Digital Library、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    McCabe76 McCabe, T.J. A Complexity Measure 1976 IEEE Transactions on Software Engineering
    Vol. SE-2 (4) , pp. 308-320  
    article サイクロマチック複雑度
    BibTeX:
    @article{McCabe76,
      author = {T. J. McCabe},
      title = {A Complexity Measure},
      journal = {IEEE Transactions on Software Engineering},
      publisher = {IEEE},
      year = {1976},
      volume = {SE-2},
      number = {4},
      pages = {308-320},
      note = {【入手先】IEEE Xplore、【コメント等】サイクロマチック複雑度 <<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>},
      url = {http://www.computer.org/portal/web/csdl/doi/10.1109/TSE.1976.233837}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】IEEE Xplore、【コメント等】サイクロマチック複雑度 <<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>
    Miller77 Miller, E.F. Program Testing: Art Meets Theory 1977 Computer
    Vol. 10 (7) , pp. 42-51  
    article カバレッジ
    BibTeX:
    @article{Miller77,
      author = {E. F. Miller},
      title = {Program Testing: Art Meets Theory},
      journal = {Computer},
      publisher = {IEEE},
      year = {1977},
      volume = {10},
      number = {7},
      pages = {42-51},
      note = {【入手先】IEEE Digitali Library、【コメント等】Miller, Tutorial: Program Testing Techniques, COMPSAC77(1977)にも採録},
      url = {http://doi.ieeecomputersociety.org/10.1109/C-M.1977.217782}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】IEEE Digitali Library、【コメント等】Miller, Tutorial: Program Testing Techniques, COMPSAC77(1977)にも採録
    Miller75 Miller, E.F. The Art and the Theory of Program Testing 1975   inproceedings カバレッジ
    BibTeX:
    @inproceedings{Miller75,
      author = {E. F. Miller},
      title = {The Art and the Theory of Program Testing},
      publisher = {IEEE},
      year = {1975},
      note = {【入手先】京都大学情報学研究科図書室、【コメント等】C0,C1などの初出と思われる <<コラム8 前回の参考文献記事のフォロー>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】京都大学情報学研究科図書室、【コメント等】C0,C1などの初出と思われる <<コラム8 前回の参考文献記事のフォロー>>
    Myers79 Myers, G.J. The Art of Software Testing 1979   book テスト書籍出版
    BibTeX:
    @book{Myers79,
      author = {G. J. Myers},
      title = {The Art of Software Testing},
      publisher = {John Wiley & Sons},
      year = {1979},
      note = {【コメント等】コード・インスペクションは検査と訳されている(ちなみに、ウォークスルーは徒歩検査と訳されている)。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】コード・インスペクションは検査と訳されている(ちなみに、ウォークスルーは徒歩検査と訳されている)。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    Ohba90 Ohba, M. Applying Experimental Design to Software Testing - Another way of optimizing test cases - 1990 第11回ソフトウェア信頼性シンポジウム論文集 , pp. 39-46   inproceedings 直交表
    BibTeX:
    @inproceedings{Ohba90,
      author = {M. Ohba},
      title = {Applying Experimental Design to Software Testing - Another way of optimizing test cases -},
      booktitle = {第11回ソフトウェア信頼性シンポジウム論文集},
      year = {1990},
      pages = {39-46},
      note = {【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Ohba90a Ohba, M. & Adachi, A. Optimum test case generation for programs without loops 1990 第10回ソフトウェアシンポジウム論文集 , pp. 137-142   inproceedings 直交表
    BibTeX:
    @inproceedings{Ohba90a,
      author = {M. Ohba and A. Adachi},
      title = {Optimum test case generation for programs without loops},
      booktitle = {第10回ソフトウェアシンポジウム論文集},
      year = {1990},
      pages = {137-142},
      note = {【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Phadke95 Phadke, M.S. ソフトウェア開発のためのロバスト・テスティング法 (救仁郷誠(訳)) 1995 品質工学フォーラム
    Vol. 3 (5) , pp. 21-27  
    article 直交表
    BibTeX:
    @article{Phadke95,
      author = {M. S. Phadke},
      title = {ソフトウェア開発のためのロバスト・テスティング法 (救仁郷誠(訳))},
      journal = {品質工学フォーラム},
      publisher = {品質工学会},
      year = {1995},
      volume = {3},
      number = {5},
      pages = {21-27},
      note = {【入手先】日本規格協会、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】日本規格協会、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Small06 Small, I. 負荷テストの基本を学ぶ 2006   article 用語(負荷テスト)
    BibTeX:
    @article{Small06,
      author = {I. Small},
      title = {負荷テストの基本を学ぶ},
      year = {2006},
      note = {【入手先】WEb、【コメント等】この翻訳記事では、「負荷テスト」はLoad testing の訳語でした。 <<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>},
      url = {http://www.javaworld.jp/methodology_and_design/-/28761-1.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】WEb、【コメント等】この翻訳記事では、「負荷テスト」はLoad testing の訳語でした。 <<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>
    Small05 Small, I. Tackle Java server capacity problems 2005   article 用語(負荷テスト)
    BibTeX:
    @article{Small05,
      author = {I. Small},
      title = {Tackle Java server capacity problems},
      year = {2005},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>},
      url = {http://www.javaworld.com/javaworld/jw-02-2005/jw-0207-server_p.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】<<コラム7 日本語訳は難しい(3)(負荷テスト)>>
    Tatsumi87a Tatsumi, K. Test Case Design Support System 1987 Proc. International Conference on Quality Control(ICQC'87) , pp. 615-620   inproceedings 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @inproceedings{Tatsumi87a,
      author = {K. Tatsumi},
      title = {Test Case Design Support System},
      booktitle = {Proc. International Conference on Quality Control(ICQC'87)},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1987},
      pages = {615-620},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://www.pairwise.org/docs/icqc87.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Tatsumi87 Tatsumi, K.; Watanabe, S.; Takeuchi, Y. & Shimokawa, H. Conceptual support for test case design 1987 Proc. 11th International Computer Software and Applications Conference (COMPSAC'87) , pp. 285-290   inproceedings 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @inproceedings{Tatsumi87,
      author = {K. Tatsumi and S. Watanabe and Y. Takeuchi and H. Shimokawa},
      title = {Conceptual support for test case design},
      booktitle = {Proc. 11th International Computer Software and Applications Conference (COMPSAC'87)},
      publisher = {IEEE},
      year = {1987},
      pages = {285-290},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    Watson96 Watson, A.H. & McCabe, T.J. Structured Testing: A Testing Methodology Using the Cyclomatic Complexity Metric 1996
    Vol. NIST Special Publication 500-235  
    article サイクロマチック複雑度
    BibTeX:
    @article{Watson96,
      author = {A. H. Watson and T. J. McCabe},
      title = {Structured Testing: A Testing Methodology Using the Cyclomatic Complexity Metric},
      publisher = {NIST},
      year = {1996},
      volume = {NIST Special Publication 500-235},
      note = {【入手先】NIST、【コメント等】The word cyclomatic comes from the number of fundamental (or basic) cycles in connected, undirected graphs <<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>},
      url = {http://hissa.ncsl.nist.gov/HHRFdata/Artifacts/ITLdoc/235/mccabe.html}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】NIST、【コメント等】The word cyclomatic comes from the number of fundamental (or basic) cycles in connected, undirected graphs <<コラム6 日本語訳は難しい(2)(サイクロマチック)>>
    Yoshida85 Yoshida, T. Attaining higher quality in software development - Evaluation in practice 1985 Fujitsu Scientific and Technical Journal
    Vol. 21 , pp. 305-316  
    article 直交表
    BibTeX:
    @article{Yoshida85,
      author = {T. Yoshida},
      title = {Attaining higher quality in software development - Evaluation in practice},
      journal = {Fujitsu Scientific and Technical Journal},
      publisher = {富士通},
      year = {1985},
      volume = {21},
      pages = {305-316},
      note = {【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    下川浩樹85 下川浩樹 実験計画法を用いたソフトウェアのテスト項目設定法 1985 情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) 
    Vol. 資料40-19  
    article 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @article{下川浩樹85,
      author = {下川浩樹},
      title = {実験計画法を用いたソフトウェアのテスト項目設定法},
      journal = {情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) },
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1985},
      volume = {資料40-19},
      note = {【入手先】Web(情報処理学会)、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://fw8.bookpark.ne.jp/cm/ipsj/search.asp?flag=6&keyword=IPSJ-SE84040019&mode=PDF}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web(情報処理学会)、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    佃均07 佃均 兜町にアメリカの電算機がやってきた(1945〜1960) 2007 リクナビNEXT 連載:未来の技術史を創るエンジニアに贈る「日本の技術クロニクル」   article 初期の稼働システム
    BibTeX:
    @article{佃均07,
      author = {佃均},
      title = {兜町にアメリカの電算機がやってきた(1945〜1960)},
      booktitle = {連載:未来の技術史を創るエンジニアに贈る「日本の技術クロニクル」},
      journal = {リクナビNEXT},
      publisher = {リクルート(Tech総研)},
      year = {2007},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】日本最初の商用コンピュータ稼働 UNIVAC120(東京証券取引所、野村證券)、日本最初のプログラマ <<コラム3 テスト事始め>>},
      url = {http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001112&rfr_id=kanren}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】日本最初の商用コンピュータ稼働 UNIVAC120(東京証券取引所、野村證券)、日本最初のプログラマ <<コラム3 テスト事始め>>
    佃均04 佃均 日本IT書記 第三分冊 2004   book コンピュータの歴史、最初のプログラマ
    BibTeX:
    @book{佃均04,
      author = {佃均},
      title = {日本IT書記 第三分冊},
      publisher = {ナレイ株式会社},
      year = {2004},
      note = {【コメント等】プログラマとして採用された最初の日本人 <<コラム3 テスト事始め>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】プログラマとして採用された最初の日本人 <<コラム3 テスト事始め>>
    佐藤忍84 佐藤忍 & 下川浩樹 実験計画法を用いたソフトウェアのテスト項目設定法 1984 第4回SPCシンポジウム発表報文集 , pp. 1-8   inproceedings 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @inproceedings{佐藤忍84,
      author = {佐藤忍 and 下川浩樹},
      title = {実験計画法を用いたソフトウェアのテスト項目設定法},
      booktitle = {第4回SPCシンポジウム発表報文集},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1984},
      pages = {1-8},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    原科茂62 原科茂 国産電子計算機のソフトウェアの開発 1962 電子工業
    Vol. 11 (7) , pp. 39-48  
    article ソフトウェアの歴史、ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{原科茂62,
      author = {原科茂},
      title = {国産電子計算機のソフトウェアの開発},
      journal = {電子工業},
      publisher = {小峰電子工業},
      year = {1962},
      volume = {11},
      number = {7},
      pages = {39-48},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    古川善吾80 古川善吾 & 野木兼六 機能テストのためのテストケース作成法について 1980 情報処理学会第21回全国大会予稿 , pp. 367-368   inproceedings 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @inproceedings{古川善吾80,
      author = {古川善吾 and 野木兼六},
      title = {機能テストのためのテストケース作成法について},
      booktitle = {情報処理学会第21回全国大会予稿},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1980},
      pages = {367-368},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】原因結果グラフ技法の評価報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】原因結果グラフ技法の評価報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    古川善吾81 古川善吾; 野木兼六; 小川茂 & 越智毅 ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTの開発 1981 情報処理学会第22回全国大会予稿 , pp. 323-324   inproceedings 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @inproceedings{古川善吾81,
      author = {古川善吾 and 野木兼六 and 小川茂 and 越智毅},
      title = {ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTの開発},
      booktitle = {情報処理学会第22回全国大会予稿},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1981},
      pages = {323-324},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    古川善吾84 古川善吾; 野木兼六 & 徳永健司 AGENT: 機能テストのためのテスト項目作成の一手法 1984 情報処理学会論文誌
    Vol. 25 (5) , pp. 736-744  
    article 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @article{古川善吾84,
      author = {古川善吾 and 野木兼六 and 徳永健司},
      title = {AGENT: 機能テストのためのテスト項目作成の一手法},
      journal = {情報処理学会論文誌},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1984},
      volume = {25},
      number = {5},
      pages = {736-744},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】機能図式記法、AGENTの紹介 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002723934}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】機能図式記法、AGENTの紹介 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    古川善吾82a 古川善吾; 野木兼六; 徳永健司 & 小森真一 ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTにおける仕様記述法の拡張 1982 情報処理学会第25回全国大会予稿 , pp. 437-438   inproceedings 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @inproceedings{古川善吾82a,
      author = {古川善吾 and 野木兼六 and 徳永健司 and 小森真一},
      title = {ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTにおける仕様記述法の拡張},
      booktitle = {情報処理学会第25回全国大会予稿},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1982},
      pages = {437-438},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの機能図式の開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの機能図式の開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    古川善吾82 古川善吾; 野木兼六 & 竹内久 ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTにおけるグラフチェック支援機能の開発 1982 情報処理学会第24回全国大会予稿 , pp. 357-358   inproceedings 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @inproceedings{古川善吾82,
      author = {古川善吾 and 野木兼六 and 竹内久},
      title = {ソフトウェアテスト項目作成支援システムAGENTにおけるグラフチェック支援機能の開発},
      booktitle = {情報処理学会第24回全国大会予稿},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1982},
      pages = {357-358},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの図形式CEG、決定表の出力機能の開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】AGENTの図形式CEG、決定表の出力機能の開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    古川善吾80a 古川善吾; 野木兼六 & 越智毅 機能テストのためのテスト項目作成手法について 1980 情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) 
    Vol. 資料16-2  
    article 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @article{古川善吾80a,
      author = {古川善吾 and 野木兼六 and 越智毅},
      title = {機能テストのためのテスト項目作成手法について},
      journal = {情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) },
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1980},
      volume = {資料16-2},
      note = {【入手先】Web(情報処理学会)、【コメント等】原因結果グラフ、 AGENTの開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://fw8.bookpark.ne.jp/cm/ipsj/search.asp?flag=6&keyword=IPSJ-SE80016002&mode=PDF}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web(情報処理学会)、【コメント等】原因結果グラフ、 AGENTの開発報告 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    吉田征94 吉田征 技術の伝承と移転 1994   book 直交表
    BibTeX:
    @book{吉田征94,
      author = {吉田征},
      title = {技術の伝承と移転},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1994},
      note = {【コメント等】直交表の適用の開発の経緯、AT&Tへの技術移転の経緯が書いてある。富士通のプログラム試験課は1967年にできた。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】直交表の適用の開発の経緯、AT&Tへの技術移転の経緯が書いてある。富士通のプログラム試験課は1967年にできた。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    和田英一62 和田英一 モニタシステム 1962 情報処理
    Vol. 3 (5) , pp. 267-277  
    article ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{和田英一62,
      author = {和田英一},
      title = {モニタシステム},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1962},
      volume = {3},
      number = {5},
      pages = {267-277},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】ソフトウェアという用語が出現、「かみもの」と言っている <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002717596}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】ソフトウェアという用語が出現、「かみもの」と言っている <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    坪井信男88 坪井信男 実験計画法を用いたテスト項目設計技法 −問題点とその改善への取組み− 1988 第8回SPCシンポジウム発表報文集   inproceedings 直交表、pairwise
    BibTeX:
    @inproceedings{坪井信男88,
      author = {坪井信男},
      title = {実験計画法を用いたテスト項目設計技法 −問題点とその改善への取組み−},
      booktitle = {第8回SPCシンポジウム発表報文集},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1988},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    堂免信義63 堂免信義 他 HITAC201のソフトウェアシステム 1963 日立評論
    Vol. 45 (7) , pp. 65-70  
    article ソフトウェアという用語の起源、テスト
    BibTeX:
    @article{堂免信義63,
      author = {堂免信義 他},
      title = {HITAC201のソフトウェアシステム},
      journal = {日立評論},
      publisher = {日立製作所},
      year = {1963},
      volume = {45},
      number = {7},
      pages = {65-70},
      note = {【入手先】日立評論デジタルアーカイブ、【コメント等】プログラムの集まりを紙物(software)と呼ぶ <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://digital.hitachihyoron.com/pdf/1963/07/1963_07_10.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】日立評論デジタルアーカイブ、【コメント等】プログラムの集まりを紙物(software)と呼ぶ <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    大場充88 大場充 ソフトウェアの開発技術 1988   book 直交表、制御フローテスト
    BibTeX:
    @book{大場充88,
      author = {大場充},
      title = {ソフトウェアの開発技術},
      publisher = {オーム社},
      year = {1988},
      note = {【コメント等】1980年代後半に現在、広島市立大学の大場充先生(当時、日本アイ・ビー・エム)が、制御フローテストに直交表を用い,プログラム中のif 文のペアに対し,分岐の組み合わせを効率よく検査するためのテスト設計法を提案しておられます。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】1980年代後半に現在、広島市立大学の大場充先生(当時、日本アイ・ビー・エム)が、制御フローテストに直交表を用い,プログラム中のif 文のペアに対し,分岐の組み合わせを効率よく検査するためのテスト設計法を提案しておられます。 <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    大場充88a 大場充 最少テストケース集合生成のアルゴリズム 1988 第8回SPCシンポジウム発表報文集   inproceedings 直交表、制御フローテスト
    BibTeX:
    @inproceedings{大場充88a,
      author = {大場充},
      title = {最少テストケース集合生成のアルゴリズム},
      booktitle = {第8回SPCシンポジウム発表報文集},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1988},
      note = {【コメント等】制御パステストにオールペア法を適用したらどうなるか (※ この論文は 菅野文友監修, ソフトウェア品質管理事例集, 日科技連, 1990 のpp.845-854 に所収されています) <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】制御パステストにオールペア法を適用したらどうなるか (※ この論文は 菅野文友監修, ソフトウェア品質管理事例集, 日科技連, 1990 のpp.845-854 に所収されています) <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    宮本勲79 宮本勲 第4回 ソフトウェア工学国際会議 ソフトウェア生産はアート的にも、工学的にも未熟 1979 bit
    Vol. 11 (12) , pp. 1227-1331  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{宮本勲79,
      author = {宮本勲},
      title = {第4回 ソフトウェア工学国際会議 ソフトウェア生産はアート的にも、工学的にも未熟},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1979},
      volume = {11},
      number = {12},
      pages = {1227-1331},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    宮本勲78 宮本勲 第3回 ソフトウェア・エンジニアリング国際会議印象記 アートから工学へ?! 1978 bit
    Vol. 10 (9) , pp. 962-967  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{宮本勲78,
      author = {宮本勲},
      title = {第3回 ソフトウェア・エンジニアリング国際会議印象記 アートから工学へ?!},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1978},
      volume = {10},
      number = {9},
      pages = {962-967},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    宮本勲75 宮本勲 ソフトウェア信頼性の国際会議に出席して 1975 ビジネスコミュニケーション
    Vol. 12 (8) , pp. 107-114  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{宮本勲75,
      author = {宮本勲},
      title = {ソフトウェア信頼性の国際会議に出席して},
      journal = {ビジネスコミュニケーション},
      publisher = {ビジネスコミュニケーション},
      year = {1975},
      volume = {12},
      number = {8},
      pages = {107-114},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】1975年4月のICRS(International Conference on Reliable Software)の記事 <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】1975年4月のICRS(International Conference on Reliable Software)の記事 <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    山下英男61 山下英男 国際情報処理会議(IFIP)第3回総会に出席して 1961 情報処理
    Vol. 2 (6) , pp. 301-304  
    article シンポジウム・会議、ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{山下英男61,
      author = {山下英男},
      title = {国際情報処理会議(IFIP)第3回総会に出席して},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1961},
      volume = {2},
      number = {6},
      pages = {301-304},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】Software という用語が出現 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002717465}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】Software という用語が出現 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    岡本彬65 岡本彬 FACOMセンターとともに 1965 FUJITSU
    Vol. 16 (1) , pp. 318-319  
    article 最初のプログラマ
    BibTeX:
    @article{岡本彬65,
      author = {岡本彬},
      title = {FACOMセンターとともに},
      journal = {FUJITSU},
      publisher = {富士通},
      year = {1965},
      volume = {16},
      number = {1},
      pages = {318-319},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】プログラマとして採用された最初の日本人 <<コラム3 テスト事始め>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】プログラマとして採用された最初の日本人 <<コラム3 テスト事始め>>
    岸田孝一82 岸田孝一 プログラムの検査 1982 情報処理
    Vol. 23 (4) , pp. 321-326  
    article テスト、検査
    BibTeX:
    @article{岸田孝一82,
      author = {岸田孝一},
      title = {プログラムの検査},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1982},
      volume = {23},
      number = {4},
      pages = {321-326},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】デバッグとテストの区別に言及あり。テスティングと検査を同義で使用 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002719751}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】デバッグとテストの区別に言及あり。テスティングと検査を同義で使用 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    岸田孝一81 岸田孝一 第5回 ソフトウェア・エンジニアリング国際会議印象記 1981 bit
    Vol. 13 (6) , pp. 760-762  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{岸田孝一81,
      author = {岸田孝一},
      title = {第5回 ソフトウェア・エンジニアリング国際会議印象記},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1981},
      volume = {13},
      number = {6},
      pages = {760-762},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    木村泉82 木村泉 第6回ソフトウェア工学国際会議に寄せて 1982 bit
    Vol. 14 (10) , pp. 3  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{木村泉82,
      author = {木村泉},
      title = {第6回ソフトウェア工学国際会議に寄せて},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1982},
      volume = {14},
      number = {10},
      pages = {3},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    木村泉81 木村泉 第5回ソフトウェア工学国際会議報告(II) 1981 情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) 
    Vol. SE-018  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{木村泉81,
      author = {木村泉},
      title = {第5回ソフトウェア工学国際会議報告(II)},
      journal = {情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) },
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1981},
      volume = {SE-018},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>},
      url = {http://fw8.bookpark.ne.jp/cm/ipsj/search.asp?flag=6&keyword=IPSJ-SE81018002&mode=PDF}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    松尾谷徹89 松尾谷徹 テストケース抽出の一方式「順序回路を含む場合」 1989 情報処理学会第39回(平成元年後期)全国大会 , pp. 1483-1484   inproceedings CFD
    BibTeX:
    @inproceedings{松尾谷徹89,
      author = {松尾谷徹},
      title = {テストケース抽出の一方式「順序回路を含む場合」},
      booktitle = {情報処理学会第39回(平成元年後期)全国大会},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1989},
      pages = {1483-1484},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002880001}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    松尾谷徹88 松尾谷徹 テストケース抽出の一方式:「原因流れ図」 1988 情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会 , pp. 768-769   inproceedings CFD
    BibTeX:
    @inproceedings{松尾谷徹88,
      author = {松尾谷徹},
      title = {テストケース抽出の一方式:「原因流れ図」},
      booktitle = {情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1988},
      pages = {768-769},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002870800}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    森口繁一81 森口繁一 やわ物の品質管理の考え方 1981   inproceedings ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @inproceedings{森口繁一81,
      author = {森口繁一},
      title = {やわ物の品質管理の考え方},
      year = {1981},
      note = {【入手先】Web(日科技連)、【コメント等】「やわ物」 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://www.juse.or.jp/software/pdf/tresurebox02.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web(日科技連)、【コメント等】「やわ物」 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    森口繁一64 森口繁一 ソフトウェア特集 巻頭言 1964 情報処理
    Vol. 5 (6) , pp. 307  
    article ソフトウェアの歴史、ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{森口繁一64,
      author = {森口繁一},
      title = {ソフトウェア特集 巻頭言},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1964},
      volume = {5},
      number = {6},
      pages = {307},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】ソフトウェア(software)という言葉は金物(hardware)という言葉に対して造られた新語である。ソフトウェア(やわ物)との記述あり <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002718299}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】ソフトウェア(software)という言葉は金物(hardware)という言葉に対して造られた新語である。ソフトウェア(やわ物)との記述あり <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    森口繁一64a 森口繁一 他 ソフトウェアの動向(座談会) 1964 情報処理
    Vol. 5 (6) , pp. 354-368  
    article 用語(検査)
    BibTeX:
    @article{森口繁一64a,
      author = {森口繁一 他},
      title = {ソフトウェアの動向(座談会)},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1964},
      volume = {5},
      number = {6},
      pages = {354-368},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】Softwareを「ヤワモノ」と森口先生が言っている(1964年)。プログラムの検査の議論がある。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002718308}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】Softwareを「ヤワモノ」と森口先生が言っている(1964年)。プログラムの検査の議論がある。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    河野彰91 河野彰; 吉野信太郎 & 松尾谷徹 ソフトウェアテスト技法CFD(Case Flow Diagram) 1991 NEC技報
    Vol. 44 (12) SWQC<特集>  
    article CFD
    BibTeX:
    @article{河野彰91,
      author = {河野彰 and 吉野信太郎 and 松尾谷徹},
      title = {ソフトウェアテスト技法CFD(Case Flow Diagram)},
      booktitle = {SWQC<特集>},
      journal = {NEC技報},
      publisher = {日本電気},
      year = {1991},
      volume = {44},
      number = {12},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    渕一博63 渕一博 ソフトウェアとは何か 1963 エレクトロニクス
    Vol. 8 (8) , pp. 38-45  
    article ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{渕一博63,
      author = {渕一博},
      title = {ソフトウェアとは何か},
      journal = {エレクトロニクス},
      publisher = {オーム社},
      year = {1963},
      volume = {8},
      number = {8},
      pages = {38-45},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】softwareの訳語として「紙もの」「やわもの」などの提案があると書かれている。 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】softwareの訳語として「紙もの」「やわもの」などの提案があると書かれている。 <<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    片山卓也81 片山卓也 第5回ソフトウェア工学国際会議報告(I) 1981 情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) 
    Vol. SE-018  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{片山卓也81,
      author = {片山卓也},
      title = {第5回ソフトウェア工学国際会議報告(I)},
      journal = {情報処理学会(研究報告 -ソフトウェア工学) },
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1981},
      volume = {SE-018},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>},
      url = {http://fw8.bookpark.ne.jp/cm/ipsj/search.asp?flag=6&keyword=IPSJ-SE81018001&mode=PDF}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    片岡正憲86 片岡正憲 テストから品質管理へ −その構造的アプローチ− 1986 品質
    Vol. 16 (1) , pp. 58-66  
    article テスト、品質管理
    BibTeX:
    @article{片岡正憲86,
      author = {片岡正憲},
      title = {テストから品質管理へ −その構造的アプローチ−},
      journal = {品質},
      publisher = {日本品質管理学会},
      year = {1986},
      volume = {16},
      number = {1},
      pages = {58-66},
      note = {【入手先】国会図書館、国立情報学研究所CiNii、【コメント等】テストの定義、テスト作業は全工程的な品質保証作業の中の一つとして位置づけられる。検査では、開発部門が実施したテストの完了後、これとは独立の検査部門がユーザーの立場から品質を確認する。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110003155027}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、国立情報学研究所CiNii、【コメント等】テストの定義、テスト作業は全工程的な品質保証作業の中の一つとして位置づけられる。検査では、開発部門が実施したテストの完了後、これとは独立の検査部門がユーザーの立場から品質を確認する。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    玉井哲雄01 玉井哲雄 ソフトウェアの語源 2001 bit
    Vol. 33 (1) , pp. 54-57  
    article ソフトウェアという用語の起源
    BibTeX:
    @article{玉井哲雄01,
      author = {玉井哲雄},
      title = {ソフトウェアの語源},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {2001},
      volume = {33},
      number = {1},
      pages = {54-57},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>},
      url = {http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/~tamai/pub/software-origin.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】<<コラム1 ソフトウェアという用語の起源>>
    矢島敬二82 矢島敬二 & 四条忠雄 ソフトウェア生産と品質管理 1982 品質
    Vol. 12 (2) , pp. 49-55  
    article 品質
    BibTeX:
    @article{矢島敬二82,
      author = {矢島敬二 and 四条忠雄},
      title = {ソフトウェア生産と品質管理},
      journal = {品質},
      publisher = {日本品質管理学会},
      year = {1982},
      volume = {12},
      number = {2},
      pages = {49-55},
      note = {【入手先】国会図書館、国立情報学研究所CiNii、【コメント等】検査とテストは同じ意味で捉えている。要求分析→仕様設定→設計→製作→検査→運用と保守。検査段階は従来から、単体テスト、統合テスト(結合テスト)、システム・テスト、承認テスト(受入れテスト)の4つのステップに分けて考えられている。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110003158796/}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、国立情報学研究所CiNii、【コメント等】検査とテストは同じ意味で捉えている。要求分析→仕様設定→設計→製作→検査→運用と保守。検査段階は従来から、単体テスト、統合テスト(結合テスト)、システム・テスト、承認テスト(受入れテスト)の4つのステップに分けて考えられている。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    石田晴久77 石田晴久 第2回 ソフトウェア工学国際会議に出席して 1977 bit
    Vol. 9 (1) , pp. 16-18  
    article シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @article{石田晴久77,
      author = {石田晴久},
      title = {第2回 ソフトウェア工学国際会議に出席して},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1977},
      volume = {9},
      number = {1},
      pages = {16-18},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    石田晴久75 石田晴久 アメリカ短信 −はやりそうなソフトウェア工学− 1975 bit
    Vol. 7 (12) , pp. 2071  
    article シンポジウム・会議、ソフトウェア工学
    BibTeX:
    @article{石田晴久75,
      author = {石田晴久},
      title = {アメリカ短信 −はやりそうなソフトウェア工学−},
      journal = {bit},
      publisher = {共立出版},
      year = {1975},
      volume = {7},
      number = {12},
      pages = {2071},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】第1回 NCSEの状況の記事 (1975.9.11-12) <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】第1回 NCSEの状況の記事 (1975.9.11-12) <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    菅野文友79 菅野文友 ソフトウェア・エンジニアリング - ソフトウェアの開発・生産と品質保証 - 1979   book ソフトウェア工学
    BibTeX:
    @book{菅野文友79,
      author = {菅野文友},
      title = {ソフトウェア・エンジニアリング - ソフトウェアの開発・生産と品質保証 -},
      publisher = {日科技連},
      year = {1979},
      note = {【コメント等】菅野氏の「SPC活動の思い出」によると、この書籍の刊行を契機として日科技連SPC研究委員会が発足したとのこと <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>}
    }
    					
    NOTE: 【コメント等】菅野氏の「SPC活動の思い出」によると、この書籍の刊行を契機として日科技連SPC研究委員会が発足したとのこと <<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    菅野文友73 菅野文友 ソフトウェアのQAについて 1973 品質管理
    Vol. 24 (5) , pp. 53-57  
    article 検査、テスト、品質
    BibTeX:
    @article{菅野文友73,
      author = {菅野文友},
      title = {ソフトウェアのQAについて},
      journal = {品質管理},
      publisher = {日本科学技術連盟},
      year = {1973},
      volume = {24},
      number = {5},
      pages = {53-57},
      note = {【入手先】国会図書館、【コメント等】以前は巷間ややもすれば、ソフトウェアを単なる利用技術と解釈氏、製品と考えていない向きも少なくなかった。しかし、ソフトウェアの実態は、まさに製品そのものである。 検査業務の本質は、あくまでも製品の合否判定にある。そしてその合否の判定をただ単に局部的最適化にとどまらずして、大局的な最適化の面から実施遂行するためには、不良点についての早期発見の機構を考慮する必要がある。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国会図書館、【コメント等】以前は巷間ややもすれば、ソフトウェアを単なる利用技術と解釈氏、製品と考えていない向きも少なくなかった。しかし、ソフトウェアの実態は、まさに製品そのものである。 検査業務の本質は、あくまでも製品の合否判定にある。そしてその合否の判定をただ単に局部的最適化にとどまらずして、大局的な最適化の面から実施遂行するためには、不良点についての早期発見の機構を考慮する必要がある。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    菅野文友72 菅野文友 ソフトウェアの検査の考え方 1972 情報処理
    Vol. 13 (5) , pp. 294-301  
    article 検査、テスト、品質
    BibTeX:
    @article{菅野文友72,
      author = {菅野文友},
      title = {ソフトウェアの検査の考え方},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1972},
      volume = {13},
      number = {5},
      pages = {294-301},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】従来の普通のプログラミング用語中には、検査(Inspection)という言葉はない。あるのはDebuggingであり、Testである。Debuggingはいわゆる見直し修正であり、Testは調整業務の粋を出ていない。また、ソフトウェアという製品そのものについても、下記のようないくつかの特異性がある。すなわち、・・・ こういった異質性の特色を十分に認識して、ソフトウェアの検査の理念と技法を設定してゆくことが、ソフトウェア・エンジニアリングの課題の一つである。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002753109}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】従来の普通のプログラミング用語中には、検査(Inspection)という言葉はない。あるのはDebuggingであり、Testである。Debuggingはいわゆる見直し修正であり、Testは調整業務の粋を出ていない。また、ソフトウェアという製品そのものについても、下記のようないくつかの特異性がある。すなわち、・・・ こういった異質性の特色を十分に認識して、ソフトウェアの検査の理念と技法を設定してゆくことが、ソフトウェア・エンジニアリングの課題の一つである。 <<コラム4 日本語訳は難しい(1)(検査)>>
    赤沢隆夫89 赤沢隆夫 & 松尾谷徹 原因流れ図によるテストケース抽出技法 1989 情報処理学会第38回(昭和64年前期)全国大会 , pp. 1225-1226   inproceedings CFD
    BibTeX:
    @inproceedings{赤沢隆夫89,
      author = {赤沢隆夫 and 松尾谷徹},
      title = {原因流れ図によるテストケース抽出技法},
      booktitle = {情報処理学会第38回(昭和64年前期)全国大会},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1989},
      pages = {1225-1226},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002874854}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    野木兼六84 野木兼六; 古川善吾 & 保田勝通 ソフトウェアテスト項目作成支援システム 1984 日立評論
    Vol. 66 (3) , pp. 29-32  
    article 原因結果グラフ、AGENT
    BibTeX:
    @article{野木兼六84,
      author = {野木兼六 and 古川善吾 and 保田勝通},
      title = {ソフトウェアテスト項目作成支援システム},
      journal = {日立評論},
      publisher = {日立製作所},
      year = {1984},
      volume = {66},
      number = {3},
      pages = {29-32},
      note = {【入手先】社内図書室、日立評論デジタルアーカイブ、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>},
      url = {http://digital.hitachihyoron.com/pdf/1984/03/1984_03_07.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、日立評論デジタルアーカイブ、【コメント等】<<コラム5 日本で考案されたテスト技法>>
    日本ユニシス05 日本のコンピュータ利用の黎明期に立ち会って 富田 和夫さん(この人この会社 第25回) 2005 Club Unisys + Plus
    Vol. 30  
    misc コンピュータの歴史、最初のプログラマ
    BibTeX:
    @misc{日本ユニシス05,,
      title = {日本のコンピュータ利用の黎明期に立ち会って 富田 和夫さん(この人この会社 第25回)},
      journal = {Club Unisys + Plus},
      publisher = {日本ユニシス},
      year = {2005},
      volume = {30},
      note = {【入手先】Web、【コメント等】日本人最初のプログラマ <<コラム3 テスト事始め>>},
      url = {http://www.unisys.co.jp/club/pdf/17030/17030-person.pdf}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】Web、【コメント等】日本人最初のプログラマ <<コラム3 テスト事始め>>
    情報処理学会83 第6回ソフトウェア工学国際会議報告 1983 情報処理
    Vol. 24 (11) , pp. 1354-1358  
    misc シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @misc{情報処理学会83,,
      title = {第6回ソフトウェア工学国際会議報告},
      journal = {情報処理},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1983},
      volume = {24},
      number = {11},
      pages = {1354-1358},
      note = {【入手先】社内図書室、【コメント等】第6回 ICSE(日本で開催)の状況の記事。開催は1982年9月、この報告は1983年11月 <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/naid/110002761643}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】社内図書室、【コメント等】第6回 ICSE(日本で開催)の状況の記事。開催は1982年9月、この報告は1983年11月 <<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>
    情報処理学会82 ニュース 第6回ソフトウェア工学国際会議開催される 1982
    Vol. 23 (11) , pp. 1106-1107  
    misc シンポジウム・会議
    BibTeX:
    @misc{情報処理学会82,,
      title = {ニュース 第6回ソフトウェア工学国際会議開催される},
      publisher = {情報処理学会},
      year = {1982},
      volume = {23},
      number = {11},
      pages = {1106-1107},
      note = {【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>},
      url = {http://ci.nii.ac.jp/els/contents?id=ART0003055952&type=pdf&host=cinii&lang=jp}
    }
    					
    NOTE: 【入手先】国立情報学研究所CiNii、【コメント等】<<コラム2 日本の参加者が伝える初期のソフトウェア工学国際会議>>

    Created by JabRef on 20/05/2011.